技能実習生の受け入れまでの流れ

技能実習制度は、国際貢献のため、開発途上国などの外国人を日本で一定期間(最長5年)に限り受け入れ、OJTを通じて技能を移転する制度。
​昨日実習生は入国直後の講習以外は、雇用関係の下、労働家系法令などが適用されており、現在全国に約25万人在留している。
​団体監理型実習生
グローバルビジネス
​実習実施者の要件

​受け入れ可能な業種

​1. 労働基準法、技能実習制度、組合規約の厳守
2. 入会時点で労働保険、雇用保険、社会保険に
   加入していること。
3. 財務的に充実し実習生の手当や賃金未払いが無
​  いこと。
4. 技能実習の内容は受け入れ企業で行うこと。
5. 実習生が生活する環境(家電や住まい)を準備する。
6. 技能実習責任者を選任すること。技能実習指導員、
  生活指導員を監督できる立場の者
7. 5年以上経験を持つ技能実習指導員を選任すること。
8. 1名以上の生活指導員を選任すること。
  (ごみの出し方、買い物の指導をするもの)
​9. 6~8の者は3年に1度の講習を受けること。

テキストの例です。ここをクリックして「テキストを編集」を選択するか、ここをダブルクリックしてテキストを編集してください。文字の色やフォントなど、テキストのスタイルを変更することもできます。作成したテキストは、ドラッグ & ドロップで自由に移動できます。